ブログ

【大学受験×息抜き】程よい息抜きのつくり方

受験勉強と息抜きのバランス


受験生の多くが一度は悩むであろう問題の一つが、受験勉強と息抜きのバランスと、その難しさだと思います。
息抜きにゲームを始めて気付いたら2時間も経っていた経験や、漫画を読み始めたら夢中になってしまい、いつの間にか最新刊まで読破なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

もちろん、受験勉強において適度な息抜きは必要不可欠ですし、脳のリフレッシュや、時にはご褒美などとして設定する事で、勉強にも非常に良い効果をもたらします。
この記事では、そんな息抜きで、息を抜きすぎてしまうことがないような方法を三つ紹介していきます。

まず、一つ目に「時間を設定する方法」です。
こちらは誰しもが思いつく方法ですね。
1時間〇〇をしようの様な形で、時間を設定して測りながら行う事で、休み過ぎの防止に繋がります。

二つ目に、「目標設定して休む方法」です。
一つ目の「時間を設定する方法」が実践できる人の場合は問題ないのですが、多くの人が、「あと30分、あと15分・・」と延長に次ぐ延長を繰り返し気付いたら予定の3倍は息抜きをしてしまう事も多いのではないでしょうか。
これは、息の抜きすぎです。

これを防止するため、「目標設定をする方法」があります。
例えば、ゲームであればLv.10まで、漫画であれば3巻読むなど目標設定をして、息抜きを始める方法です。
この方法を取ることで、休み過ぎを防止できるだけでなく、目標をやり遂げた謎の達成感と共に勉強に戻れるでしょう。
ひょっとすると、自分の限られた時間の中で達成できる適度な目標を設定する力も、身につくかも知れません。

最後に、「友達と一緒に息抜きする方法」です。
息抜きの時、一人になりたいという時ももちろんあると思いますが、そんな時以外は、この方法がおすすめです。
やはり人間にとって他人の目の存在は大きいと思いますので、自分の行動を簡単に抑制できます。

また、友達と勉強の進捗や、学校でのイベントの話をしあったりする事で、程よい刺激にもなるのではないかと思います。
どうしても孤独を感じがちになる受験期にコミュニケーションを取る機会を取る事で、心の支えにもなりますね。


全ての人が、それぞれに自分の時間を過ごしており、どうしても頑張れない日など、誰しもあると思います。
そんな時こそ息抜きを大切にし、これからの自分が頑張れる為のエネルギーを精一杯貯めることができるような時間を過ごしてみてください。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら