ブログ

合格速報2022

CoABLE立川教室の今年の合格速報です!

現在総合型選抜を2人、国公立の公募型選抜を1人受験しております。

なんと3人全員合格を勝ち取りました!(拍手)

1人目・・・高千穂大学経営学部

入塾は今年の夏休み、部活を引退して、もともとは大学進学を考えておらず、就職希望でしたが、部活で不完全燃焼に終わり、大学進学を決意、受験内申は2.4とかなり厳しい状態。内申が判断基準にない大学を調べ、高千穂大学を選択。小論文と面接の対策をスタート。小論文はいきなり書けないので、参考書を購入しその教材に沿って指導。同時に時事問題もインプット。毎日400字程度の作文練習を経て徐々に文章が書けるようになり、面接対策を並行して行えるようになる。志望動機などすべてを文としておこしてもらい、全力暗記。そのかいあって本番は全ての質問に淀みなく答えることができ、無事合格。予想外の効果として、勉強習慣がつき、定期テストの学年順位が100位台から30位に大幅アップ。なんとも嬉しい結果となりました。

2人目・・・東京経済大学キャリアデザイン学部

もともとは学校推薦型選抜の内申対策で今年3月に入塾。ほぼ毎日塾で学校の授業の復習を行い、内申はかなり上昇、学校推薦を手に入れる水準に達しました。しかし、本人がそこで満足せず、自分のレベルより上の東京経済大学に志望校を変更、基礎学力テストと集団討論の対策を開始。基礎学力はSPIの教材を使用し、一から勉強。文系なので数学にてこずるが、本番6割が合格ラインで自己採点はなんと6割ピッタリ。祈るような思いで合格発表を待つが、なんと無事に合格。あきらめない大切さを思い出させてくれました。

3人目・・・群馬大学医学部保健学科検査技術科学

この生徒は、去年の春に入塾してくれました。いろいろあって、塾名が変わる前から在塾してくれている生徒です。もともと検査技術士になりたいという夢があり、東京の私立大学を目指していました。学校の定期テスト対策が、受験対策になるので、定期テスト対策に力を入れました。その結果クラス順位が23位から2位まで上がり、自信もついてきて、志望校が国公立に変更になりました。試験内容は、英語・国語・生物の普通の適性検査という名前の普通のテストと面接でした。適性検査が記述が主体でしたので、記述のアウトプット指導が中心になりましたが、ほんとに頑張り、5倍近い倍率を突破してくれました!

今のところ第一志望合格率100%!この調子で一般入試に突っ込んでいこうと思います!

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら