ブログ

理化学研究所と東京大学、子ども睡眠健診プロジェクトを開始

理化学研究所と東京大学は、理化学研究所 生命機能科学研究センター 合成生物学研究チームの上田チームリーダーらが進める子ども睡眠健診プロジェクトを開始しました。全国の主に小中高生を対象に腕時計型で身につけたまま使えるウェアラブルデバイスを用い、児童・生徒の睡眠状況を把握します。

理研によると、研究チームは腕時計型ウェアラブルデバイスで子どもたちの睡眠を測定し、独自に開発した最先端アルゴリズムで解析して「健康な睡眠」の定義に迫ります。参加者は腕時計型ウェアラブルデバイスを一週間装着したまま生活し、睡眠日誌に記入します。調査は2025年度まで続け、1カ月当たり最大1000人の計測を進めます。プロジェクトの開始にあたり、キックオフシンポジウムを10月22日、オンラインで開催します。参加は事前登録制になります。

成長期の子どもの睡眠は学力や体力、心身の健康増進に欠かせないもので、社会的な関心も高まっています。しかし、産業界で従業員の睡眠把握などの取組が進行しているのに比べ、学校や保護者への適切な技術的支援が不足していることもあり、成長期の子どもに関する研究は少なかったです。

このため、研究チームは参加者や保護者に今回のプロジェクトを通じて睡眠測定を身近に感じてもらうとともに、日々の睡眠への意識付けを進めて生活リズムの改善や健やかな発達・発育を目指します。

こどもの睡眠障害は決して稀なケースではありません。不夜城のような現代、睡眠をもっと大事にしてほしいですね。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら