ブログ

ヒトらしい人工知能へ、名古屋大学がメタ記憶のコンピューター内進化に成功

名古屋大学大学院の有田教授らの研究グループは、コンピューター内進化実験により、メタ記憶の機能を持つニュートラルネットワークの創出に成功しました。「ヒトらしい心」を持つ人工知能の実現の手がかりとして期待されます。

近年、脳の回路を模した人工ニュートラルネットワークを用いた機械学習によって、画像や言語などの認識・生成を行う人工知能技術が急速に進展しています。この先には、真に「ヒトらしい心」を持つ人工知能が作れるのかという難問があります。

今回、進化によって人間の認知機能の一つであるメタ記憶を創り出せるかを、人工生命の研究手法を用いて検討しました。メタ記憶とは、例えば「昨日の朝ごはんは何を食べたか覚えているだろうか?」と考えるときに頭の中で、自分の記憶の存在の有無を調べるような高次の認知機能のことです。

研究で採用した課題では、最初に特定のパターンを見た後、複数パターンから最初のパターンを指し示すテストを受けます。正解だと報酬を得ますが、テストを回避しても小さな報酬を得られます。メタ記憶がある場合、記憶に自信があればテストを受け、自信がなければ回避するはずです。テストの正解率は不正解のはずだたテストを回避した分だけ向上します。

研究では、単純化した課題により、最初はランダムな構造を持つニュートラルネットワーク集団が世代交代を経てメタ記憶を持つようになりました。つまり記憶が壊れがちな場合にはテストを回避するように進化しました。

今回、メタ記憶という高度な認知能力を実現するニュートラルネットワークのメカニズムを人手に頼らずに複数発見したことは、「ヒトらしい心」さらには「意識」を持つ人工機能の実現に向けた重要な一歩としています。

ヒトらしい人工知能・・・。それヒトじゃないですか・・・。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら