ブログ

朝型人間の夜ふかし、夜型人間の早起きは生産性が低下する 東京医科大学

朝型人間が夜ふかししたり、夜型人間が早起きしたりすることで、仕事の生産性が落ち込むことを、東京医科大学医学部の志村兼任講師らの研究グループが突き止めました。

東京医科大学によると、研究グループは官公庁やIT企業、金融機関など第3次産業に従事し、2017年~2019年に調査に協力して研究にデータを利用することに同意した8155人の回答を分析、睡眠スケジュールと生産性の関係を調べました。

その結果、遅寝と早起きが仕事の生産性に関係していることが分かりました。午後10時半よい前に寝て午前6時以前に起きる朝型人間は、1時間の遅寝で生産性が0.29%低下することが分かりました。しかし、朝型人間は起床時間の遅れが生産性に関連することがなく、入眠時間の遅れだけが生産性に影響を与えていました。

これに対し、午前1時半以降に寝て午前9時半以降に起きる夜型人間は、1時間の早起きで0.14%の低下が見られました。夜型人間の生産性に入眠時間じは関連が見られず、起床時間だけが影響していました。

この研究で明らかになった早起きで生じる生産性の低下はOECDの平均賃金に換算して年額8000~1万3500円に相当します。この額を日額にし、江戸時代の貨幣価値に換算するとざっと三文となります。「早起きは三文の得」といいますが、三文の得になることもあるとして、研究グループは生産性維持に良好な睡眠が必要としています。

睡眠はやはり長さより、規則正しさではないかと思います。常に同じルーティンで生きていく方が健康的ですね。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら