ブログ

体液に触れると瞬時に固化、東京大学が合成ハイドロゲルで速やかな止血を実現

東京大学医学部付属病院の大片病院臨床医らの研究グループは、体液に接触すると瞬時に固化する合成ハイドロゲルを新たに設計し、大量出血時においても速やかな止血が可能であることを実証しました。

外科手術では出血の制御が極めて重要になります。軽度な出血なら、自然な血液凝固反応によって止血されますが、太い静脈や動脈からの出血に対しては止血剤を併用した圧迫止血が必要となります。しかし、既存の止血剤には、止血に長い時間を要したり、ヒト血液成分由来の感染症伝播の可能性があったりするなど、医師・患者双方に負担となっています。

研究グループは、体液と接触した際に速やかに自己固化する合成ハイドロゲルを新たに設計しました。この合成ハイドロゲルは、はじめは液体ですが、体液の一種である血液と接触すると瞬時に血液を巻き込んだ固化を起こし、止血に至ります。抗凝固薬を加えたラットの血液に対し、開発した合成ハイドロゲルを接触させたところ、血液ごと瞬時に固化することが確かめられました。

また、ラットの下大静脈大量出血モデルにおいては、1分間で安定した止血効果が得られました。さらに、止血から1週間後の評価では、既存の止血剤よりも軽度な炎症反応に収まることも分かりました。

今回開発した新規合成ハイドロゲルは、生体の血液凝固反応とは独立した作用機序で血液を固化できます。そのため、他の病気や抗凝固薬によって血液が固まりにくい場合でも、速やかに止血できる局所止血剤を開発できる可能性があります。また、髄液などの各種体液漏出防止剤としての応用も広く期待されます。さらに、合成材料であるため未知のウイルスの混入も否定でき、医師・患者双方の精神的負担軽減に貢献できるとしています。

人体のスピードを越える物質の完成ですね。人体は限界があります。それを科学の力で越えて、その人体を補完する。何かエヴァンゲリオンの世界のようです。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら