ブログ

芝浦工業大学大学院、2023年度から修士課程の奨学金に女子枠新設

芝浦工業大学は、2023年度から大学院修士課程進学者への奨学金に「女子枠」を新設するなど、修士課程の奨学金制度全体を一新し、給付対象者も大幅に拡大します。

日本の工学系分野における大学院の女子学生比率は、「文部科学省学校基本調査 令和2年度」によると14.6%で、世界と比較して低水準であり、学部卒業者の大学院進学率も11.3%と、こちらも主要国と比較して非常に低いです。このような現状を踏まえ、芝浦工業大学では、2027年の設立100周年に向け、女子学生比率30%(現在18.7%)、大学院進学率60%(現在37.9%)を目標として掲げ、今回の奨学金制度拡充によって女子学生の理工系進学を支援し、大学院進学率全体の底上げを目指します。

これまでも芝浦工業大学は、理工系女性育成貢献のためにさまざまな施策を行っており、2014年に13.8%だった学部女子学生比率は現在18.7%まで向上しました。女子学生の大学院進学率も2021年に3割を超えました。2022年度からは100人超の成績優秀な学部女子入学者へ入学金相当を給付する奨学金制度も開始しました。そして、2023年度からは、女子学生の大学院進学を後押しするため、大学院修士課程の奨学金制度において学科成績女子1位の女子学生(合計16人)へ、最大60万を給付する「女子枠」を設置し、これまで以上に理工系女性の育成に尽力します。

2023年度から大学院修士課程の奨学金制度は「女子枠」を設けるだけでなく全体を一新しました。これまで複数の制度が運営され、学生や保護者にとって複雑で分かりにくかったため、2023年度から2種類に集約されます。新制度「修士課程進学奨励給付奨学金」では、奨学金の支給対象範囲を拡大し、学科成績上位者に対して修士課程の2年間で合計120万円給付、60万円給付の他、学科成績上位50%まで20万円を給付します。また、継続制度となる「グローバル理工系人材育成大学院給付奨学金」では、採用枠を100人追加し、対象者の拡充を図ります。

さらに、大学院博士課程における給付奨学金に関しても「女子枠」の追加検討を進めており、内容が確定次第、芝浦工業大学WEBサイト等で告知します。

理系=男子という既成概念を打ち破ってほしいものですね。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら