ブログ

渋沢栄一「論語の里循環バス」が役1万キロの自動運転走行を達成 埼玉工業大学

埼玉工業大学と深谷観光バス株式会社は、NHK大河ドラマ「青天を衝け」に合わせて、2021年2月16日~2022年1月10日の期間、渋沢栄一翁ゆかりの地を訪問する見学者の足として自動運転走行した「渋沢栄一論語の里循環バス」の運行を終了しました。98日間の運転距離は合計約1万㎞に達しました。

運行開始時は埼玉県内初の業務用車両として緑ナンバーを取得した埼玉工業大学の自動運転マイクロバスが走行しました。その後2021年4月30日からは、埼玉工業大学が新たに開発した大型の自動運転バスが導入されました。当初は、全長28㎞のコース内の約7㎞の区間限定で自動運転を実施しましたが、期間中も開発を継続し、順次、自動運転の走行距離を拡大しました。

2021年11月には、一部区間を除く全線26㎞が自動運転可能となり、営業運行する自動運転バスとして国内トップクラスの走行距離を実現しました。両者は産学官連携で、自動運転バスを論語の里を巡る観光客の足として活用しながら、地域の交通事情に対応した課題に対して、自動運転バスの開発を継続しながら、営業運行による自動運転を展開しました。

埼玉工業大学の内山学長は「本学は先端技術開発で社会貢献に資することを目指してきましたが、この度、深谷観光バス株式会社と共同で行ってきた『論語の里循環バス』において、1年弱の期間に約1万㎞の自動運転による営業運行を成功裏に終了できたことは望外の成果であると認識しています。」とコメントしました。

埼玉工業大学の自動運転バスは、AI技術を積極的に採用し、全国各地の実証実験に多数参画してきたノウハウを活かして、公道を法定速度で一般車両と共に走行できるのが特長です。システムによる自動運転とドライバーによる運転を即時にスムーズに切り替えて、交通の状況に応じて安全に走行します。

自動運転技術はかなり進化してきていると理解しています。しかし、緊急性の高い事案、例えばバスジャックに遭った場合、どのように対処するのでしょうか。責任の所在等まだまだ問題が山積しているはずです・・・。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら