ブログ

環形動物の新種、佐渡沖で発見 「キングギドラ」にちなんで命名

新潟の佐渡島沖で体が分岐する新種の環形動物を東京大学大学院理学系研究科付属臨界実験所の三浦教授、ドイツのゲッティンゲン大学、スペインのマドリード自治大学、新潟大学などの国際研究チームが見つけました。東宝映画の「ゴジラシリーズ」に登場する三つの頭を持つ怪獣キングギドラのちなみ、「キングギドラシリス」と命名されました。

東京大学によると、国際研究チームは佐渡島沖の浅い海の潜水調査で海面の体に共生し、体が分岐する環形動物を採集しました。頭は一つしかないが、体の途中から尾がいくつも枝分かれするように生えていました。形態や内部組織の観察、分子系統解析の結果、ゴカイやミミズに近い環形動物シリスの新種であることが分かりました。

体が分岐するところが頭を三つ持つキングギドラに似ているとして、キングギドラシリスと名付けられました。

シリスの仲間は尾の先の生殖器官が切り離されて繁殖します。体が分岐しているのは宿主のカイメンの体内で効率よく栄養を吸収し、繁殖するためでないかと考えられています。これまで体が分岐するシリスはアジアとオーストラリアで2種が報告されていました。

国際研究チームはキングギドラシリスの形態が一般的な動物に比べて極めて奇異なことから、生態や生理機能を解き明かすことで新たな生物学の知見を得られるのでないかと期待しています。

キングギドラは頭も三つあるような気がしますが・・・(笑)。

この世界には人間が想像もつかないような生物がたくさん生きているのですね。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら