ブログ

共通テスト概観(二日目)

共通テストの全日程が終了しましたね。東大では非常に腹立たしい事件が起こりました。自分勝手な人間は本当に社会からはじかれてほしいです。

さて気を取り直して二日目。一日目は難易度の変化がありそうなのは国語くらいでしたが、理系科目はどうだったでしょうか・・・。

数学ⅠA…会話文で考察やヒントを与える問題が昨年の1題から2題にふえましたね。 全体では4ページ減りましたが、三角比の表を用いて角の大きさを評価したり、グラフ表示ソフトでのグラフの動向など、共通テスト仕様の出題が増えたこともあって、時間的な余裕はなかったのではないかなと思います。

難易度はやや難化から難化ではないかと思います。

数学ⅡB…解き進めるためのヒントの会話文が3つの大問で挿入されている点や、1つの問題を複数の方法で考察する問題など目新しい問題も見られました。大問構成は昨年と同様でしたが、ページ数は21年度の14~16ページから19~21ページと大幅に増加しました。

難易度はやや難化から難化ではないかと思われます。

理科系科目は「思考力」を問う問題がかなり増えました。グラフを読み解いたり、写真を用いた実験考察問題など、一筋縄ではいかない問題が増えて、難易度が増していると思われます。

平均点も下がると思われます。自分の点数に絶望せず、次に向かって切り替えていきましょう!!

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら