ブログ

麻布大学、よみうりランドと共同でアシカの歯周病を研究

麻布大学生命・環境科学食品生命科学科の島津徳人准教授の研究グループは、よみうりランド・アシカ館と共同で、アシカの歯周病についての研究をしています。

人においては高齢者の歯の残存数が少ないと認知症になりやすいことや、糖尿病や心臓疾患・脳血管疾患と歯周病との関係性が明らかになってきていますが、高齢化は動物園で飼育されている動物も同様で、多くの動物で口腔疾患の増加が問題となっております。

歯周病は野生動物にはあってもごく少数とみられていますが、ヒトによる飼育環境下では発見されています。ヒトが動物と共生する機会が増えた結果、歯周疾患が人獣共通感染症の一つとして認識されるようになってきています。

しかし、歯周病病原性細菌がヒトとイヌとの間において交差感染を示唆する研究報告がありますが、動物園の動物と飼育員との間でも交差感染が生じるのか、その実態はまだわかっていません。また歯科診療に精通した動物園獣医師は少なく、多くの飼育施設では長年の経験に頼る対症療法がおこなわれていることが多いです。

島津准教授は、口腔疾患の研究経験を活かして「食」と「口腔」に関わる研究に取り組んでいます。現在は歯周病に罹患した動物園動物の歯周病病原性細菌の由来を明らかにするため、ヒトの歯周病病原性細菌のDNA検査を動物園動物にも応用して、人獣共通感染症としての歯周病の実態を調査しています。

歯周病病原性細菌の解析を実施するためには動物の口腔内から歯肉溝滲出液を採取する必要があるため、本研究では、口の中を観察しやすい動物としてアシカに注目しました。十分なハズバンダリートレーニング(エサなどのご褒美を上げることで動物が自主的に移動する、採血のために手足を出す、口を開けるなど動物が健康管理に必要な行動をとれるようにするための訓練)が行われているよみうりランド・アシカ館の協力を仰ぎ、アシカショーに登場しているカリフォルニアアシカを対象に研究を開始しました。

2020年度~2021年度にかけてアシカ7頭のサンプリングを完了し、細菌検査を継続しています。この検査結果を分析して、歯周病の感染状況を解明していきます。

ペットが家族以上の存在になりつつある現在、ペットの健康管理は大事な仕事になります。研究が進み、寿命が延びることを祈っています。

CONTACT

教室見学・体験授業・個別相談のご予約など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら